スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かが好きだということは、人生賛歌なんですね。 

こんにちは、幸運しあわせです。




この間、テレビで『クマグス』を見ました。
最初に『クマグス』って、何にッ??????
そう、思いました。


聞いたことがない単語だったのですが、
『クマグス』って人の名前なんですね。
『南方熊楠(みなかた くまぐす)1867~1941』さんの
『クマグス』だったのですです。


南方熊楠(みなかた くまぐす)さんは
柳田国男に南方熊楠は日本人の可能性の極限だ
といわせたほどのスゴイ人です。


十歳の時に近所の蔵書家の家に行き
今でいう百貨辞典のようなものを見て、家の帰り
記憶だけで本物そっくりに百五冊を写本してしまうほどの人です。


東京大学に進みますが、教えられる学問に疑問をいだき
アメリカやイギリスに渡り、興味のあることに独自で研究していった
18カ国語を理解する民族学、博物学、生物学の天才研究者です。


とくに粘菌には多大な興味があり、新種の粘菌を発見したり
多くの学者が一生に一度はネイチャーに研究が掲載されたい
というなか熊楠さんは五十一回も研究が掲載されたほどです。


これほどの人をなぜ知らなかったのか?
実は、熊楠さんは、肩書きにいっさい興味をしめさなかったから
いっさいの学位を取っていなかったからです。


番組では、熊楠さんのように、何かに非常に興味があって
独自の趣味を極めるために人生の全てを捧げる
新知識階級=クマグスのように生きている人たちを紹介しているのです。


私が、感動したのは“蛾”になみなみならぬ興味をもち研究
している川上多岐理さんという女性です。


川上さんの教えてくれる蛾がびっくりするぐらい
美しいのです。


川上さん、目を輝かさせて
蛾がかわいくてたまらないとほほずりしてました。


そんな世界やそんな人たちがいることにびっくりしましたが、
うれしそうに、何かを好きだと一生懸命になる人たちを見て
何かを好きだということは、人生賛歌なんだなとほんとうに思いました。








スポンサーサイト

びっくりするところにビジネスの種がかくれている。 

こんにちは、幸運しあわせです。



以前、ネット販売でお金持ちになった
アメリカの人のことを聞きました。


その話がおもしろかったので
ずっと覚えているのですがお話します。


あるアメリカの夫婦のことですが、
奥さんが鳥が大好きで家にいっぱい飼っていたのです。


でも、あまりに好きなので鳥かごで飼わないで
部屋で放し飼いして飼っていました。


大変ですよね。
だって、家中が鳥のふんだらけになるのですから。
旦那さんも耐えられませんよね。


ある時、車で遠出しなくちゃいけなくなって
その時も鳥がかわいそうで鳥かごに入れられなかったそうです。


借りた車だったか忘れましたがとにかく汚せないので
どうしたらいいかと考えたら
鳥のおむつを作り、それを鳥にはかせればいいと思いつきました。


手作りの鳥のおむつを鳥にはかして
車で旅行中にそれを見た人がほしいと言い出して
ほしがる人がいることを知り、鳥のおむつをネットで販売してみました。


それがものすごく売れて、お金持ちになったそうです。


鳥のおむつがですよ。
信じられませんよね。


どんなところにビジネスの種がかくれているのか
ほんとうにわかりませんよね。










動きたいのに動けない。 

こんにちは、幸運しあわせです。



やりたいことや、
やらなくちゃいけないこと、
動かなくちゃいけないことがあるのに、


動けない、
やれないことってありませんか?


私はときどき、あります。


すぐやる力とか
ノートに大きな夢と小さな目標と書いて実践していく
なんてありますが、動けないのです。


わかっているのに動けないと
落ち込んでしまいます。


どうやったらいいのかなと考えていると
わりとカンタンに
動けてしまう方法を発見しました。


自分をめちゃくちゃほめていく方法です。
ちゃんと顔洗って、ハミガキできてエライね。
とか、ちゃんと朝起きれてエライね。とか。


もう、当たり前にできることを
めちゃくちゃほめまくります。


うれしくなるでしょう。


うれしくなって、ほんの小さなことができたら、
もっと、もっと、ほめて、


動ける心のエネルギーをつくっていきます。


わかっているのに、動けないのは
心のエネルギーが枯渇しているから、、、


自分を肯定する心、自分を愛し信じる心、
プラスのエネルギーがいつの間にか
なくなってしまっているからなのかもしれません。


自分をほめまくるれば、
すぐ動き出すパワーがでてくるってこと
発見しました。

鹿児島県のAーZスーパーセンター 

こんにちは


最近はテレビ番組でも取り上げられるようになった
AーZスパーセンターと牧尾社長の話です。


先日、鹿児島県阿久根市に本社を構える株式会社マキオの3号店
A-Zはやと店が鹿児島県霧島市隼人地区に出店した様子を
テレビで見ました。


AーZスパーセンターは日本初のスーパーセンター業態であり、
日本初の大型24時間営業店、軽自動車も販売する
県内最大級の3万平方メートルを超すウルトラスーパーです。


・車から仏壇までありとあらゆる品物(30万点以上)を販売
・ものすごく広い(隼人店は26,343㎡)
・去年の2店舗での売り上げが人口数万の
 地方展開にも関わらず約140億円
・夜9時~朝7時までの売り上げが全体の3割

・また片道100円の送迎バスがあり、
購入品を自宅まで届けてくれるサービスも行っています。
・定年がなく60歳以上の高齢者の元気な従業員も働いています。





こんな不況の中、業績が順調なのか?


開店直前の全体朝礼では、全従業員約500人を前に
「不況だからこそ、地元の皆さんに何が求められるかを考えなければならない」
と激励していました牧尾英二社長ただものではありません。


実は、AーZスパーセンター前身は
鹿児島県阿久根市に1997年3月オープンした
それ以マキオプラザ(スーパーマーケット)とマキオホームセンターという2店舗です。


当時、過疎が進み、阿久根市にそんな大手スーパーを
作るなんて非常識と思われ、誰もが失敗すると思っていたのに
大成功をしたのです。





私がビックリしたのは社長の
3年間よそのスーパー、ライバル店を見ないように
と従業員に指示していることでした。


これは、ほんとあり得ないことですよね。
誰だって、競合店の様子を見て、研究し
競争に勝っていこうとするのですから。


でも、社長は言うのです。


「よそを見たら真似してしまいます。よそは効率で走ってますから。
数字追っかけてますから。そういう風になっちゃう。
お客さんさえ見ておけばいい」


と、他店を意識しないという独自の姿勢を語ったのです。


買わせればいい、売り上げが上がればいいというのではなく
安いからと食べれないほど買おうとするお客さんに
食べれないでしょうと商品を返させていました。


価格を抑えるためのあらえる努力をし、多忙な日々を送っているのに
なんと、社長の給料が20万ちょっとだそうです。
いくらでも、自分の給料を増やせるのにあり得ないですよね。


人が神様に近くなるってこういうことかも
しれないと思いました。







何でもあることがいいわけじゃないですね。 

こんにちは


私は本を読むことが好きです。
絵も詩も好きで、絵本も好きです。
でも、好きになることには理由があると思うのです。


実は、私は子供の頃、いなかに住んでいて
小学2,3年まで、水道もトイレもお風呂も
ない家に住んでいました。


窓もなく、狭い家に
もちろん、自分の部屋も机もありません。


でも、たった2冊だけ
親戚の人がくれた絵本があったのですね。


その絵本は、
アラジンと魔法のランプと
トラのバターのパンケーキの2冊です。
(旧ちびくろサンボ)


魔法のランプは挿絵がほんとに素晴らしくて
今まで見たことがないようなごちそうの絵が忘れられませんし、
トラのバターはいっしょにパンケーキをいくつ食べたかわかりません。


他には何もなくて何回も何回も見ました。
小さい頃はそれぞれの本にそれぞれの匂いさえあるのが
わかったほどです。


でも、、、、


うちの子供はまったく本に興味をもちません。
ゲームばかりしています。
子供向けのマンガのテレビ番組もいつもありますし。


幼稚園の時も100冊ぐらい絵本とかお話本を
買わされましたが、
全然心に残ってないようです。


物がありすぎるというのもかわいそうなことだな
と思うのです。


私が田んぼのあぜ道にいた頃と同じ年頃に
子供は銀座や新宿、池袋を歩いていました。


でも、いろいろな道があっても
私がであった宝にはであわないのだなと
つくずく思うのです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。